FC2ブログ

HASSELBLAD   6X6X5 (Film & Digital)

Hasselbladで五者五様 ( P40+ , H212 ,I1001, Leaf24 & HARU )、デジタルとフィルムで写真を楽しんでいます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Leaf 24  The interplay of light and shadow

Thw light and a shadow

hasselblad 553EXL + S-Planar C 135mm F5.6 + Automatic Bellows Extension + Leaf AptusⅡ-7



500Cは1957年から始まったVシステムの元祖です。

それだけに作りは以降の500モデルに比べてしっかりしているので、

そのシャッター音や巻き上げの感触に魅了される方も多いのでは!!

反実用的ですがコレクションアイテムには最適ですが、ななかな完璧な物は無いようです。

1957年から1959年半ばまで発売されたシリアルナンバーがCU30000~CE38591がこれに相当します。

前に付くCU、CEは年代表示なので、8591台が発売されました。

このなかで多くのカメラが改造されています。

ウエストレべルファインダーは1000Fと同じ、

サイドに支柱が付いている物ですが、取り替えられていることが多いです。

エアーダンパーの故障でこれを取り除いて、以降のメカニズムに置き換えた物。

Cレンズしか付かないので、レンズ接地面に飛び出しているピンを取り除いた物。

スクリーンが暗いので、アキュートマットなどに交換してある物・・・・・・・。

オリジナルは80mmの6枚玉とセットで発売されていましたが,

初期に付いていた白の6枚玉はシャッタースピードや絞りの値がレンズボディに彫られています。

最後の詰め、アルミのレンズキャップが有ればそれは完璧な500C初期タイプです。



テーマ:撮ってみた - ジャンル:写真

  1. 2012/10/28(日) 08:05:03|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。